商標登録によるデメリットは?

商標登録をすることでさまざまなメリットが生まれます。特に恩恵を受けられるのが商品やサービス、企業のイメージを決められることです。浸透すれば、そのパッケージデザインやロゴを見て、商品名やサービスを思い浮かべてもらえるようになるでしょう。企業のブランド戦略としては必要不可欠な要素ですし、広告宣伝においても大きな効力を発揮します。商標登録することによって、売り上げから社会的イメージまで、非常に幅広いメリットを受け取ることができます。
nthrhtsr
しかし、メリットがあるのであればデメリットも存在する、そう考える方も少なくないと思います。どのようなことでもメリットがありますが、少なからずデメリットもあります。商標登録もデメリットが上回るのであれば、申請自体取りやめてしまうことも考えられます。商標登録を悩んでいる場合も、デメリットが申請中止を決定づけてしまうかもしれません。
ですが、商標登録自体には特にこれと言ったデメリットが存在しません。逆に受けられるメリットのほうが非常に多いのです。盗用や乱用の禁止、ブランドイメージの保護など、企業にもたらす恩恵は様々な分野に及びます。商標登録をし、各種リスクから守るようにするのが良いでしょう。
強いて言えば、認可までの期間の長さが唯一のデメリットとも言えます。申請から正式に商標として登録されるまでは、長くて1年ほどかかります。逆に早めに申請すれば、各メリットを早く受けられることになります。
お店で販売されている商品に使われたデザインや、企業のロゴなどは商標登録されているのが一般的です。もし商標登録されたデザインやロゴを無断で使用した場合、もしくは盗用した場合は損害賠償請求などをされることがあります。逆に商標登録しておけばこれらの被害を防げることになるため、企業にとっては必須の手続きと言えるでしょう。ロゴは企業の財産です。商標登録でそれを守ることは、自社の利益につなげることができます。
ただ、商標登録は手続きが面倒といったイメージがあるかもしれません。ですが、そのまま登録しなくても法律上の問題はいっさいありませんが、無断使用されるリスクも高くなります。実は商標登録の申請自体は難しくありません。それに必要な書類も非常にシンプルです。商標登録の申請に必要な書類は、登録を申請するロゴやデザイン、そして商標登録願の2つのみになります。
nthrthrs
登録したロゴやデザインは縦横15cm以内に収める必要があります。商標登録願いは直接印刷することもできますが、書式に関しては特に指定されていません。代表者の名前や提出日など必要事項さえ漏れなく記入されていれば、パソコンで独自に作成した書式のものを使うことができます。
インターネットでは、商標登録願の雛形も色々見ることが可能です。それらを参考に、独自のフォーマットを作ってしまうのも良いでしょう。今後商標登録の予定があるのなら、フォーマットがあると提出が楽になります。

更新情報

△PAGE TOP